エイプルジャパンのやりがい

不断の努力を続ける価値が、ここにはある

新入社員にとって、システムインテグレータでの業務はたやすいものではないでしょう。何もかも分からないことばかりで、学びの日々が果てしなく続くように思えるかもしれません。しかしエイプルジャパンでは、意欲ある若者を後押しし、育て上げる環境や制度を用意しています。「挑戦し成長できる」そして「顧客企業に感謝される」というやりがいを、ぜひ当社で味わってください。

チーム単位での設計・開発

若手SEの前向きな意欲を、チームで後押し

エイプルジャパンでは、1ワークに複数のSEを投入するグループワーク制を採用しています。プロジェクトがSE各自の開発力・技術力に依存し過ぎないようにとの配慮からですが、チームを組んで業務を進めるこのスタイルは、経験の浅いSEにとって心強い制度とも言えます。先輩たちが長年培ってきた知識・技術を分かち合い、スキルを高めることができますし、自分の手に負えない問題が発生した場合でも助け合って乗り越えることが可能です。そしてグループワーク制の何よりの魅力は、経験の浅い段階でも規模の大きな仕事に取り組めるということ。「世の中を変えるような仕事をどんどんやっていきたい」という熱い意欲に応えられる環境が当社にはあります。

ページトップへ